速読法ってナニ?

ガッツリ速読【HOME】 > 速読情報 > 速読法ってナニ?



今のあなたの読書能力をフル活用!

○「読書」を意識する  

○速読には2つの読み方  





○「読書」を意識する


速読は早く読むこと。
読書する能力が基になっています。
量の差こそあれ、多くの人は今まで読書に取り組んできたと思います。
しかし、ほとんど学校教育で速読が身についたという方はいません。いても我流が殆どです。

小学校低学年時で行われた国語のときの声出しがそのまま成長しても、文章を黙読するときに癖が頭に残ったままでは、速読の発達を阻害するだけです。

決して読書の声出しがいけないのではなく、その形式だけが読書の方法だと妄信し続けることに留意すべきです。

読書能力は、正確に、速く理解することが大事です。
入試、ビジネス、資格試験、研究等多くの分野で要求されている能力です。
着実に正確に…、だけではダメです。生産性が悪いです。

変化がなければ、進歩など、ありえません。
現代の情報化社会が要請する事柄は達成できません。

では…、正確に速く読む方法とは、何でしょうか?




○速読には2つの読み方



冒頭、速読は、脳の働きという観点で考えるといくつかの方法があるということに触れました。

ここでは、大別して、2つに分けて説明します。
速読の種類とは……



  • 要領よくポイントだけを読む。
  • 情報処理能力を速くする。



要領よくポイントだけを読む

読む速度が限られた中で書類の処理、読書をすませる場合に使用する方法です。
読む字の量を限定し要領よく内容を把握するという対応の仕方、或いは、テクニックを駆使した読み方、とも言えます。
先に紹介した「拾い読み、飛ばし読み」がこれに当たります。

すでに個人的に実践している方もいるものです。


情報処理能力を速くする。

読む速度をアップさせるということ。脳の情報処理能力を改善するということ。読書速度を3倍、4倍の速度にすることです。
自分の能力を変え、潜在能力を「開発する」ということです。

自己改善だけでは難しく、腰を据えて本格的に速読を学ばねばなりません。


どちらとも内容は違いますがどちらも現在「速読」と呼ばれているのは先の項目で触れた通りです。




 前の項       最初に戻る 

Last update:Sat, Dec 5, 2009

推薦情報


Group Site : ガッツリ速読 > エッセイ
Copyright All Reserved by ガッツリ速読〜英語・日本語を速読で制覇し、真の知性を獲得する〜since 2006/01/25