読書を制覇しよう

ガッツリ速読【HOME】 > 速読情報 > 読書を制覇しよう



読書障害行動

○指やペンで文字を指しながら読む

受験生が国語の現代文や、英語の長文読解に取り組む際によく見かける風景ですが、あまり感心しない方法です。

一文字づつ心の中で音読(subvocalization、または、inner- speech)するよりも、文全体をパラグラフで読み解き、文章やキーワードを要所で押さえていく方法が効果的です。

「大きく捉えて、小さく掴む」これは僕の高校生のときの担任の口癖ですが、文の構造を捉えるときに頭の隅に置いて下さい。

読書に取り組むのも同様に、一個一個の文字を心の中で音読しながら文字を追うのではなく、文の構造、段落構造、全体の構造、と大まかに捉えて、その次の段階で固有名詞やら大事と思われる言葉なんかにフォーカスした方が本の理解も深まりますし、読書の内容も充実したものになります。



 読書障害行動トップ   次の頁 
Last update:Sat, Dec 5, 2009

推薦情報


Group Site : ガッツリ速読 > エッセイ
Copyright All Reserved by ガッツリ速読〜英語・日本語を速読で制覇し、真の知性を獲得する〜since 2006/01/25