速読教材を見極めよ

ガッツリ速読【HOME】 > 速読情報 > 速読教材を見極めよ



教材は信用できそうか

最近、特に脳のトレーニングに注目が集まっています。
テレビCM等でもゲーム機を使って、学習したりできるという簡易性が人気の一因です。

能力開発の代表格、といえる速読教材も依然根強い人気を誇っています。
数多くの団体が速読技術を訓練するための講習会を開催しています。
参加する代金も決して安くはないのですが、受講者の数は減少しません。
むしろ増加傾向にあると言っていい。

では、なぜ今でも速読は注目されるのでしょうか?

それはスピーディな情報収集が現代社会の要請であるからです。
もう、「お勉強」ができるだけでは役に立たないのですね。どんな高学歴も、エリートのフリを装ってみても、生きてく知恵を身につけなければ、今の時代をサヴァイヴできません。

その知恵、とは読書で獲得できます。

学校での定期テスト、入学試験、或いは会社というビジネスの場では、我々現代人は世代に関係なく膨大な文字情報に囲まれて生きているんです。

そうした現状を踏まえ、情報の波に溺れるのでなく、情報を選別したり、集中的に取り入れたりする技術が求めらています。


世の中の動向はますます加速度を増しています。
貧富の差も「勝ち組負け組」という言葉に象徴されるように、より二極化の様相を呈しています。

けっしてこの文を読んでいるあなたを煽動するわけではなくて、本当に、生き生きと暮らしていくために、常に情報を有利に使いこなすことが必要なんです。

そこで、短時間で文字情報を取り込む能力……、速読にスポットライトがあたるわけです。

速読に興味を持った方で、実際にいい教材はないだろうかと探したことのある人もいるかと思います。

何を基準に選ぶか?

教材を「信用」できるかどうかが選択する上で大きなウェートを占めます。
まず気をつけてもらいたいことは……、

(1)どういう団体・個人が提供する速読教材・講習会か
(2)どのような人たちが利用している速読教材・講習会か
(3)内容と費用のバランスは適正か
(4)利用者の使用後の感想はどうか (紹介された感想文の資料元は信用できるか)



(1)どういう団体・個人が提供する速読教材・講習会か

速読教材・講習会を提供する団体はたくさんあります。
アフィリエイトで速読教材を扱う個人サイトも見かけます(当サイト『ガッツリ速読』もアフィリエイトを扱っているサイトです)。
これらに共通する宣伝文は、「3分間で速読できる」とか「今までより10倍、50倍の速さで本が読める」等といった子気味よいキャッチコピーです。

提供者の立場になって考えれば、速読教材を開発した団体もそれが生活に関わるのですから、より多くの人たちに買ってもらうために、不特定多数に訴え得るキャッチーな宣伝文を使うのでしょう。

宣伝文だけを選択時の判断材料にはしないで、教材の内容の吟味が必要です。
インターネット、テレビ、書籍等でたくさんPRされています(当サイトのリンク集も参考にしてみて下さい)。
その公開されている情報を事細かに検証してみましょう。
客観的な基準はどうか、その調査、調査方法は信頼に足るか、創設者のプロフィールなども見てみましょう。

どういう道を経て速読教材を作るに至ったかが、分かると思います。
ついでに、そういう厳しい視点で当サイト「ガッツリ速読」も本当に信用に足るサイトなのかどうなのか、一度チェックしてみて下さいね。


(2)どのような人たちが利用している速読教材・講習会か

外部の教育機関等を通して、速読団体固有の速読トレーニングプログラムを紹介している場合があります。

これら外部の教育機関も、審査を経た後プログラムを導入しているんです。
決してフリーで扱っているんではない訳です。
このことからも、各速読団体が提供している教育機関を洗い出してみるだけでも教材の信用を図ることが可能です。


(3)内容と費用のバランスは適正か

(1)、(2)、をチェックして教材は信用できそうだなと感じたのならお金がいくらかかるのかも調べます。

しかし、「すばらしい教材だと思うのだけれども、値段がウン万円もするから、今の自分にはそんな出費にかける余裕はない…」という場合もあると思います。


そういった時はその速読教材はあっさり見切りをつけましょう。


今ある生活基盤を崩してまで情報収集能力の向上にお金をかけても仕方のないことです。

速読はあくまで手段であって、目的ではないのですから。
能力を開発するという意味合いですと速読教材・講習会も、自己投資の一つのカタチです。

何にでも、商品を買う時は、内容と価格のバランスを見極めるのが大事です。


A:購入を検討している教材の自己評価
B:教材に使っていいと思う金額の上限のライン
C:実際の速読教材・講習会の金額

上の箇条書きを見てみて下さい。これらを相互に比較し例えば、BとCをどこまで妥協できるか、納得できるかBの金額ラインを上げるか、下げるか等とじっくり考えましょう。
(Cの金額がBの金額を上回るようならばどこまでの金額で購入できるだろうかと、Aを参照しながら考えます。Bの金額がCの金額を上回るような場合、迷わずに購入手続きに踏み切りましょう。それがあなたが必要としている教材なのですから。)

また、購入時に返品保証を明記している教材はズバリ、信用できます(希少です)。
それだけ制作サイドが教材に対して大きな自信をもっているんです。
サンプルも利用しない手はないです。
むしろ、トクをします。


(4)利用者の使用後の感想はどうか

利用者の感想は大事です、生の声は教材の生きた声です。
速読教材をかじったことのある知人の話をじかに聞いたりすると大いに参考になります。

信用できる感想かどうかも吟味しましょう。

稀に管理人自身、本当に利用者の声なのかどうかと、怪しいと感じる感想文に出くわすことがあります。
僕自身はこういったものはすべて販売促進のために用意されたものだと捉えるようにしています。
一部の悪質な営利目的の集団に騙されずに、良質な教材を見極めたいものです。

以上、(1)〜(4)の内容を参考にしてもらえればきっと良質な教材を選択できることと思います。


 前の項       次の項 

Last update:Sat, Dec 5, 2009

推薦情報


Group Site : ガッツリ速読 > エッセイ
Copyright All Reserved by ガッツリ速読〜英語・日本語を速読で制覇し、真の知性を獲得する〜since 2006/01/25