オススメ速読法実践

ガッツリ速読【HOME】 > 速読情報 > オススメ速読法実践



眼球運動の練習

速読するのに眼球のトレーニングは重要なのです。(なぜ、重要かについての説明はすでに「速読法ってナニ?」「読書を制覇しよう」で詳しく説明していますので省略します。)
ここで紹介する方法は、読書時の「型」を覚え、それを修得し旧来の読みの速度をアップさせる、読みを速くすることに慣れようというものです。
アメリカでは戦後、速読技術向上のために、読書加速機(Reading Accelerator)なる機器が開発されました。日本でも、その機器を元にした読書促進機というものが作られました。
しかし、これらの機器をわざわざ使うことなく気軽に速読技術を磨き上げる方法を紹介します。

眼球運動のトレーニング表【図1】眼球運動のトレーニング表

図一は、読書する際の後戻り(regress)といった効率の悪い目の動きを矯正し、スムーズに読み進めるためのトレーニング表です(これに類似したものは、多くの速読関係の団体でも紹介されています)。
毎日一分程度、赤い点を目で追ってみて下さい(図1画像を新しいウィンドウで開いてプリントアウトして利用して下さい)。
このトレーニングのコツは、赤い点と赤い点の間を淀みなく、薄くなった赤い線に沿って、素早く見て次の点に映るというものです。
後戻りしないように、何度か練習してみて下さい。

たったこれだけの練習で、随分と読書が速くなります(断言)。

毎日ほんの少しででも取り組むことが鍵です。
英語学習と同じですね、「継続は力なり」。

眼球運動の実践用文章
【図2】眼球運動の実践用文章
図2は、僭越ながら、管理人の他ブログの記事を転載したものです。
図1の時のズムーズかつスピーディな読書を心がけて下さい。
図1で掴んだものをどんどん試してみて下さい。
「本当にスピードが増したのかな?」と実感がなくても、着実に読む速さは増しているはずです。
(参考資料:速読術 著者:馬淵時彦/藤田拓司)



 前の項       次の項 

Last update:Sat, Dec 5, 2009

推薦情報


Group Site : ガッツリ速読 > エッセイ
Copyright All Reserved by ガッツリ速読〜英語・日本語を速読で制覇し、真の知性を獲得する〜since 2006/01/25