速読教材批評!

ガッツリ速読【HOME】 > 速読情報 > 速読教材批評!



しっかり見よう > 読書障害とは

知能には問題がないのに、脳神経の発達の影響で読み書きに困難が伴う障害が「読書障害(dyslexia)」です。

読書能力は、単語は音素(会話で判別可能な最小の単位)に分解することができるということを認識することによって向上します。

単語は音素に分解することができるという認識の欠如は、先天的な遺伝性です。
その傾向は、通常は終生不変です。

そうした事態に対応するために、小学校低学年の読書障害児には早期治療を可能にするための早期診断テストが試みられたりしています。
また、若年成人に対しては、単語理解の正確性検査、それに要する時間の測定が不可欠となります。
読書能力は、一般には終生変わることはなく、その障害は持続性があります。
読書の解読はずっと不断の努力で向上され得るもので、年齢とともにより正確になっていきます。


参考サイト



トップへ 

Last update:Sat, Dec 5, 2009

推薦情報


Group Site : ガッツリ速読 > エッセイ
Copyright All Reserved by ガッツリ速読〜英語・日本語を速読で制覇し、真の知性を獲得する〜since 2006/01/25